焼き・蒸し・そのまま刺身で!代表的なカニの調理バリエーションをご紹介!!
【画像説明】
★焼いてよし!蒸してよし!刺身でよし!★

焼きガニ、カニ刺し、甲羅焼き、茹でガニ、カニすき、カニ雑炊・・・様々なバリエーションを楽しめる様々なカニ料理をご紹介!!
焼き・蒸し・そのまま刺身で!代表的なカニの調理バリエーションをご紹介!!

【画像説明】
焼きガニ
炭火で焼く本格的なものもありますが、ご自宅であればガスの焼き台やホットプレートでもできます。
ホッとプレートならアルミホイルを敷いて上蓋をして焼きます。
まず、かに切りバサミか、包丁で、かにの殻の上の部分を削ぎます。
足ならば、殻を下にして、上は身が見えている状態で焼きます。
そしてひっくり返すとせっかくの旨みの汁がこぼれてしまいますので、 ひっくり返さないで焼きましょう。

【画像説明】
カニ甲羅味噌焼き
濃厚なカニのほろ甘い味を楽しめる調理法です。お好みでお酒を足すのもいいですね。
蟹みそが入ったままの甲羅に味噌、みりん、お酒を入れます。 少量ネギも加え混ぜ合わせます。
その後、甲羅の中に蟹の身をほぐしながら入れます。
ご自宅なら魚焼きグリルかオーブンに入れて、焦げ目が付いたら食べ頃です。

【画像説明】
カニ刺し
鮮度のいいカニが手に入ったならカニ刺しがおすすめです。
身をカラからはずし、5分程冷水に漬けておくと、白い花のように、フワフワに花のように開きます。
醤油やポン酢を付けるならカニの身の3分の1程に付けて食べると甘味ととろけるような舌触りが楽しめます。
生姜や山椒を付けて食べるのも美味しいです。

【画像説明】
茹でガニ
カニ身の繊維に旨味がギュっと凝縮した食べ方が出来るのが茹でガニです。
凝縮した蟹みそにカニ脚を絡めるのもたまらない食べ方!!
茹でカニはそのままでも美味しいですが、網焼きもおすすめです。
しかし、鍋やかにしゃぶにすると一度茹でられているカニをさらに茹でることで 旨みが逃げてしまうのであまり適していません。

【画像説明】
蒸しガニ
蒸しガニはカニの身の水分と塩分のみで蒸揚げるので濃厚でカニ本来の柔らかな舌触りと、ほのかな甘味を堪能できる調理法です。
自宅でならホットプレートでも調理できる「カニの酒蒸し」もおすすめです。
まず、カニをプレートに直接触れさせないように、棒状にしたアルミの上に渡して並べ、 酒と水を1:1で半カップほどホットプレートに流し、蓋をして蒸します。
この時、蒸し過ぎると身が硬くなるので調節しながら蒸します。

【画像説明】
カニすき鍋
カニの身と殻から出る出汁と野菜の旨みがたまらない一品です。
カニの身は、あまり火を通さずにふんわりとしたら食べ頃です。

【画像説明】
カニ雑炊
カニすき後の出汁の出たスープはで作る雑炊はカニを楽しんだ締めにぴったりの料理です。
スープにご飯を人数分入れてひと煮立ちしたら卵を割入れます。
入れた卵はあまりかき混ぜずフワッとしたら出来上がり。
またご飯でなくうどんもまた美味しいです。


カニって種類によって何が違うの?冬の味覚の王様カニそれぞれの特徴とは?

(C)カニ北海道ランキング!!通販でおトクにゲット!