越前、松葉ガニって何が違うの?冬の味覚の王様カニそれぞれの特徴とは?
【画像説明】
★ズワイ・毛ガニ・タラバ・・・何が違うの?★

越前ガニと松葉ガニってどう違うの?冬の味覚の王様カニ!!それぞれの特徴をご紹介♪
越前、松葉ガニって何が違うの?冬の味覚の王様カニそれぞれの特徴とは?

【画像説明】
ズワイガニ
繊細で非常に甘みが強い身で、カニ本来の旨味をじっくり味わえるズワイガニ。
刺身・茹で・焼き・しゃぶしゃぶなど様々な食べ方が楽しめます。
そんなズワイガニはブランドガニとも言われており、水揚げされた地によって名前が変わってきます。

越前ガニ
越前かにの解禁日は、毎年11月6日から翌年3月20日までです。
毎年この時期、越前や三国ではカニにちなんだお祭が開かれ、 全国各地から越前カニを目当てに観光客で賑わいます。
「越前カニ」は、福井県の日本海沿岸にある 越前港・三国港・敦賀港の3つの漁港で水揚げされるズワイガニのことで、 1匹1匹に黄色いタグでを付けていきます。
このタグが付いているものが越前ガニの証なのです。 ほかのズワイガニよりも、身がびっしり詰まってプリプリな食感が魅力です。
1キロを超える越前かには皇室にも献上される最高級品でまさにカニの王様といえます。

松葉ガニ
松葉ガニは産地が非常に多く、「松葉ガニ」というブランド名でズワイガニを売っている産地には、 兵庫県、京都府、島根県、鳥取県などで、これらの産地で獲れるズワイガニはほとんどが松葉ガニというブランド名となっています。
更に細かくブランド分けをする産地もあり、島根県の隠岐諸島で獲れた松葉ガニは「隠岐松葉ガニ」、 鳥取県で獲れた松葉ガニは「鳥取松葉ガニ」京都府の丹後半島にある「間人港」で獲れる松葉ガニは「間人ガニ」、兵庫県の津居山港で獲れた松葉ガニは 「津居山ガニ」と呼ばれています。松葉ガニと呼ばれております。

【画像説明】
毛ガニ
茹でた毛ガニをそのまま食べるのも大変美味しいですが、しゃぶしゃぶ・茶碗蒸し・グラタン・コロッケ・炒飯など 調理をしてもとても美味しいカニです。
オホーツク海沿岸に位置する雄武町近海で水揚げされる毛ガニは、特に美味しいと言われています。
毛ガニの漁れるオホーツク海は、冬になると栄養豊富な植物プランクトンを運ぶ流氷に厚く覆われます。
そして春になり、流氷が溶けると、植物プランクトンが光合成を始め増殖することで、海の様々な生物のエサとなります。
そんな世界でも有数の恵み豊かな海で育った毛ガニは、他のカニと比べると、小ぶりですが、身の締りと甘み、 そしてカニミソのコクが抜群で濃厚で繊細な味わいが魅力です。

【画像説明】
タラバガ二
北海道・北陸・ロシア海域で漁れるタラバガニの足は太く身が引き締まり、 プリプリとした食感を楽しめてたいへん食べごたえがあるのが特徴で、 「カニ食べた〜!!」という満足感に浸れるカニです。
淡白な味わいを楽しめるタラバガニは、そのまま茹でて食べるよりもカニ鍋にして食べるのと美味しいですが、 たっぷりの身を天ぷら、炒飯、カニクリームコロッケ、雑炊、炊き込みご飯、酢のもの、カニ玉、茶碗蒸し、グラタン、 パスタ、バター焼きなど様々なバリエーションで楽しむのもいいですね。


焼き・蒸し・そのまま刺身で!代表的なカニの調理バリエーションをご紹介!!

(C)カニ北海道ランキング!!通販でおトクにゲット!